株式譲渡の仕組みを知る【ミスなく円滑に進めるためにも】

  1. ホーム
  2. 株式の譲渡とは

株式の譲渡とは

男性と女性

事業承継にも活用

株式譲渡とは、株式の所有権を一方から他方に移転することにより、その企業の経営権を譲り渡すことをいいます。その名の通り株式会社の経営に対して適用されますが、合同会社の持ち分を譲渡することを便宜的にこう呼ぶこともあります。株式譲渡の例として代表的なのは、中小企業のオーナー社長が後継者に事業承継を行うケースです。無償・有償のいずれによる譲渡も可能です。譲渡先は親族となることが多いですが、従業員の中から適任者を選び、社長への昇格人事を行うと同時に株式を譲り渡す場合もあります。また、M&Aの一手法として活用されることもあります。この場合、譲渡先が会社法人であれば、対象企業はその法人の子会社となります。株式譲渡を他のM&A手法、たとえば企業合併などと比べると、法人格に変更が生じないため手続きが比較的簡単であるというメリットがあります。また、事業譲渡によって企業における事業部門の一部のみを譲渡する方法と比べても、従業員の身分変更等が必要ないという点でやはり簡便な手法であると言えます。この、会社法人を相手先とした株式譲渡ですが、近年では先に述べた事業承継の手段としてもよく利用されています。親族や従業員に限定して後継者を探す場合、時には適任者が見つからないこともあります。しかし事業の拡大や多角化をもくろんでいる他社に株式を譲渡すれば、売り手側・買い手側双方にメリットのある形で事業を引き継いでもらえるチャンスが広がります。