株式譲渡の仕組みを知る【ミスなく円滑に進めるためにも】

  1. ホーム
  2. M&Aによるグループ化

M&Aによるグループ化

ビル

譲渡側企業にもメリット

株式譲渡はM&Aの手法の1つで、企業が他の企業の株式を取得し、支配権を得ることをいいます。法人として完全に一体化する企業合併とは異なりますが、出資割合によっては事実上1つの企業グループとして連携を図りながら事業を進めていくことになります。株式譲渡は、協業によるシナジー効果を実現する目的で行われます。そのため、買い手企業にとってはそのメリットが最大限になるように対象企業を選ぶこととなります。ただ、具体的な選定方法は経営方針によりさまざまです。たとえば市場シェアの拡大を目指すなら同業者を選びますし、事業の多角化を目指すなら他業種の企業を選びます。また、加工を得意とする企業が開発を得意とする企業の株式を取得するといった具合に、自社に足りない部分を補うためにこの手法を利用することもあります。一方、株式譲渡は売り手企業側からのアプローチによって行われることもあります。この場合も譲渡先はそれぞれの目的に応じて選ばれます。では、その目的は何かと言えば、代表的なものとしては2つ挙げられます。1つは、現金収入の獲得です。この場合は、できるだけ企業の価値を高く評価してくれる相手を譲渡先として選ぶことになります。もう1つは、事業承継の手段として株式譲渡を利用する場合です。この場合は、譲渡後の企業の様態をどうするかが譲渡先選びのポイントとなります。譲渡後も相談役としてとどまりたい、親族を役員に任命したい、現従業員の雇用を確保したいといった希望がどの程度受け入れられるかが重要になってきます。